デリヘルで働く女の子が疑問に思うQ&A特集

風俗業界の中でもデリヘルで働く女の子が一番多いのではないでしょうか、そんな女の子達がデリヘルで働きながらも疑問に思うアドバイス等をまとめています。

*

そのデリヘル店の常識はどこも一緒?

風俗業界の中でも素人の女性が働いているのはやはりデリバリーヘルス(デリヘル)が圧倒的に多いのではないでしょうか。

幅広い年齢の女性が誰にも知られずに気軽にアルバイトしているのがデリヘルです。
デリヘルは無店舗型で警察への申請をするだけで開業が出来るだけに、ソープランドやプレイルームも提供するハコヘルなどと違ってある意味一番気軽に開業できます、そして店舗型と異なり営業時間も制限がなく24時間営業のデリヘル店まであるのが現実です。
数多のデリヘル店が毎日、日本のどこかでオープンしている一方、閉店する店も多く日本全国で10000店以上あると言われています。

未経験の女の子が多く在籍している関係もあり、その店ならではのルールも多く未経験者からするとどこもデリヘルは同じと思い勝ちですが、実際の所は女の子への待遇や支払いなどかなりデリヘル店によって差があるんです。
しかしデリヘルでの女の子を募集する求人広告には他のデリヘル店との違いを見つける事はかなり困難であり、合法店と違法店の区別すら求人広告で見極めるのは無理と言えるでしょう。

デリヘルで働き始めていくつもの疑問を持つ女性は多いです、良くも悪くもその疑問解消の一助になれば幸いかと思います。
そしてデリヘル運営者からするとそこは知られたくないっていうデリヘル運営の秘密も暴露しておきますが、デリヘルで働く女性からみて問題定義と感じる内容に働いているデリヘル店が抵触しているなと思えば、素直に様々な情報を参考にして他のエリアのデリヘル店に移籍した方がよいかも知れません。
安心して働ける環境や女性に対して誠意を持ち各種対策に心がけているデリヘル店は少ないですが本当にあります。
女性にとって良いデリヘル店に貴女が見つけられたらいいですね。
デリヘルに関する情報サイトならデリノートがお薦めですよ。

公開日:
最終更新日:2015/11/20