風俗業界の中でもデリヘルで働く女の子が一番多いのではないでしょうか、そんな女の子達がデリヘルで働きながらも疑問に思うアドバイス等をまとめています。

デリヘルで働く女の子が疑問に思うQ&A特集

デリヘル店の運営に関する疑問

デリヘルは警察からの許可が不要というのは本当?

投稿日:2016年7月28日 更新日:

デリヘルを営業するための届け

デリヘルは警察からの許可が不要というのは本当?

良く風俗運営許可を得ている優良店と聞いた事がありますが、実際問題としてデリヘル店の運営はどうなっているのでしょうか?

簡単に言えば『警察からの許可』なんてありません。

デリヘル店の運営に必要なのは警察へ『今度こんなデリヘル店をやりますよ』という内容の紙を提出すると、後日警察より『無店舗型性風俗特殊営業届確認書』というのを貰い受けるだけです。

これはあくまでもこの内容で始めますという事を、警察が確かにそういう届出書を受け取ったよという領収証みたいなもんですね(笑

つまり警察はその営業を許可制にした覚えもないし、内容にミスがあっても後に検挙対象となっても警察に一切の責任はありませんという事です。

正直言ってこの無店舗型の届出確認書はある程度の記載方法は同じですが、全て厳密な方法で細かな決め事がないので地域の警察によって多少異なるんですよ。

例えば無店舗型というのはネットでホームページのアドレスを記載しろという所もあるし、ホームページのアドレスが不要なのもあるのです。必ず記載しなければいけない営業する『店名』と『受付電話番号』などはしっかり同じですけどね。

あと面白いのは、千葉県で提出しても埼玉県など違う県でそのまま営業しているという場合もあるんです。

確認書には事務所の住所など明記する場所もあるし、その事務所の大家さんの許可を得ている一筆なんかも必要だとかしっかりしている様ですが、まだまだザル法という感は否めませんね。

許可があれば優良店は間違い

こうしたことを考えると、届けを出しているから安心して働ける店とか人気のある店という基準にはならないのですね。

あくまでも営業するための告知を許可してもらっただけですので、それが良い店かどうかを決めるものではないのです。

但し、警察への届けも出していないようなお店で働くことは何かのトラブルに巻き込まれることが多いとも言えるので入店はやめておいたほうがいいということだけは言えそうですね。

-デリヘル店の運営に関する疑問

Copyright© デリヘルで働く女の子が疑問に思うQ&A特集 , 2017 AllRights Reserved.